110】このままでは駄目

ひと冬を越え、皆それぞれに体格がサイズアップし、パワーアップしています。
しかし、その中でも較差が如実に出ている。
時の流れと共に、自然の成長では当然駄目です。
そこに自らの意志を加え、必死とか、何がなんでもとか、厳しさとか、出来るまでやるとか、自分を追い込むとか…
それが重要なのだが、残念ながら選手達にまだまだそんな姿は少ないし、努力なんて言葉は当てはまらない。
普通の日々を過ごし、普通の取り組みをし、普通に頑張るだけでは、普通の選手の出来上がりです。
普通というのを一概に駄目だという訳ではないが、前途洋々な中学生が普通を目指すのではちょっと淋しい。
成績表で言えば、5段階評価でオール3。
これが目標?   これで夢が叶う?
明るく楽しいだけじゃたどり着けない領域っていうのがある。
並の選手を目標に豊中シニアに入団して来たの?
5を取らなきゃいかんでしょ!
精神論ばかりを振りかざすつもりはないが、やはり気持ちのこもった一声が無いから失点に繋がっているし、努力の裏付けが無いから不安なままのプレーになっている。
練習でやるべき事をしっかりやっていないから、試合の中で追い詰められたとき、腹を据えた覚悟が出来ないのです。
練習の段階からプレー毎に徹底的に指示を出すとか、今日はとにかく低い姿勢で捕球してみるとか、一塁まで絶対全力で走るとか、なぜ、ひとつにこだわってやろうとしないのだろう。
こだわらないから何も身に付いてない。
大好きな野球なのに楽しく適当にってか?
野球の神様に失礼です。