364】甘さが目立つ

先日、京都八幡の西監督さんよりご紹介頂いた、戸田監督さん率いる甲賀シニアさんと午後からオープン戦1試合を無理にお願いし、快く引き受けて下さいました事、大変感謝しております。
何せ、当日の午前中にお願いした訳でして、無茶苦茶な申し入れ、本当に申し訳ありませんでした。
関西大会2回戦を前に、確認したい事がいくつも有って有意義なオープン戦になりました。 

豊中新チーム、この学年の個々のスキルは高くありません。
ブロック予選を勝ち抜いたのも、本戦の1回戦を勝ったのも偶然に近く、「まさか」の勝利です。
そういう実力の無い弱いチームが戦っていくには「チーム一丸のまとまり」しかなく、うかつな平凡なミスをしない事。
助け合う事。
上手い下手に関係なく誰でも出来る事はキッチリとやり遂げる事。
その上での力負けは仕方ないと割り切ってます。
にも関わらずツーアウトからタッチアッブ体勢に入るわ、送りバントは決まらないわ、どの打者でも守備位置を変えずに守るわ、いくら何でもこんな事をしていては、とても勝ち上がれる野球ではありません。
特に試合前に、サインミスは絶対ダメ!、そしてサインを見ないなんてもっとダメ! と忠告して試合に臨んだが、それでもサインを見ない選手が二人もいた。
二人ともワンアウトの三塁ランナーなのです…。
指導者としてこの現状では怖くて試合で使えません。
そういう意味では現況判断が出来た貴重なオープン戦でした。
チャンスは誰にでもあるのだから3年生の菱田のようにそのチャンスを活かし、野球を自分のものにして欲しいです。

野球にも偏差値は存在すると思います。
勉強も出来るに越した事はないが、それとは別に野球頭脳というのがある。
技量、体力の他に記憶力、物事に気付く、創意工夫、自立、継続力、素直等々このあたりが欠如している選手はあまり伸びません。
同じ選手が何度も同じ事で注意を受ける…、全然難しい要求ではないのだが懲りないようで…。
実に残念です。

Hits: 195

363】鈍感力

 

年齢を重ねる毎に、軽はずみな言動は減っていきますが「父は長柄の人柱、雉も泣かずば打たれざらまし」という例えがあるくらい私も言葉で失敗した経験は多いです。
うるさかった私も又、幾分落ち着いて来ているかもしれません。
とそれは同時に若さが無くなって来た事を意味しますが…。
老いてもバイタリティだけは持ち続けるのだと自分に言い聞かせている今日この頃です。(苦笑)
きっと大先輩の郡山の吉田監督も河南の福田監督も兵庫播磨の石川監督も、そして私が尊敬している宝塚リトルの李総監督もまた、そう思っておられるのではないかと感じます。
それと同時に後進を育て、良い形でバトンタッチ出来ればとも…。 

話は変わりますが、良かれと思って思慮深くやった事を悪意に受け取られる事って時々ありますよね。
若い頃でしたらそのジレンマに苛立っていたであろうと思える事が、その内容にもよりますが残念だぁと思う程度にしか気持ちが動かなくなりました。
これぞ「鈍感力」ですな。
ただし、ユニフォームを着て様々な何かを感じる感性は、より鋭くなって来ている気がします。    
正念場の2回戦、頑張ってみます。

Hits: 251

362】試練の1回戦

関西大会1回戦、対大阪鶴見シニア戦は2対4からの逆転7対4で勝利しましたが。
弱さを露呈した試合でした。
今のスキルでは勝ち上がれない。
個々の精神的弱さ、準備の無さ、理解力の低さ、等々今のままではとても全国で戦える根拠がありません。
この冬、鍛え直すしかないと痛感してます。 
前の試合で神戸中央さん対五條さんの試合を観ました。
ハッキリ言って、うちとはレベルが違う。
ここ一番、何とか結果を出すんだという意欲がまるで違う。
うちの選手を見てると、「いったい何と闘ってるの?」と言いたい。 
前途多難!!

Hits: 223