297】誰も置いて行けないが…。

確かに各々の能力の差は有る。
勿論野球の世界に限った事ではないが。
それは幼稚園時や小学生時から顔を覗かせ、中学生時には、かなりの差がついて来るし、高校生にもなれば歴然とした差に唖然とする事も少なくないはずだ。
その時、出来るならば羨ましがる方ではなく羨ましがられる方になっていたいものです。
また、なぜそういう差が生じて来るのかを親も指導者も考えなければならないと思います。
出来る者の共通点、足踏みしている者の共通点は確かにあります。
成長度合いの低い子の共通点は、同じ失敗を何度でも繰り返す、言い訳が多い、何が何でもとかやりきるんだという強い意志が希薄という点だと思います。
大きな失敗を犯したとしても心が大きく動くほどには懲りていない、他愛もないという事なのでしょうか。
問題意識がないです。
その失敗こそが成長への良ききっかけになるのですが…。
せっかく失敗を経験出来たのに何とももったいない話です。

挟殺プレーで塁間の真ん中地点に居るランナーに対しては、まず追い立てる動作が基本、それは中学2年生以上にでもなれば当然出来て当たり前だと私の中では位置付けている。
だから何度も何度も身に付くまで練習する。
習得出来てるとばかり思っていたが残念ながら2年経過したこの時節でもまだまだだった…。
他にもいくつか有るが、あと4ヵ月余りで卒団するこの時期にまだこのレベルにしか持って来れてない私は深く反省してます。
空気を読んで機敏に行動する選手を育成したいのだが難しい?
試合中、外野の選手が負傷した、試合は中断している、その時ベンチの控え選手で外野手へ交代可能な選手は2人。
欲を言えば、指導者が何も言わずとも直ぐに準備を開始して欲しいが、念の為、急いで直ぐにキャッチボールをするよう指示を出した、しかし一向に始めない。
もう1人はブルペン捕手のレガースを着けたまま我関せずだ。
2人とも起用はやめて外野経験は乏しいが目が生き生きしていた2年生を出しました。
私にとっては出来て当たり前の 「この程度の事」 なのだが、これらを求めるのは無理な事なのか?
時期が時期だけに出てない選手も試合に使ってあげよう…とはいかないんです。
去年までなら2月からレギュラー固定で決行しているが、今年もいくらなんでももうここからはシビアにいきます。
ルキのように感性が豊かで空気を鋭く読める選手は3年生にはいないのだろうか?
先にも書いたが、伸びが鈍化している子の共通点は、練習、確認、反省、こだわり、なにくそ、そして努力。
このあたりが明らかに欠如しているし、とにかく「ぬるい、ゆるい」。
それは各人の野球日誌をみても一目瞭然。
成長と日誌の内容は完全に比例します。
こちらサイドも色々工夫して気付かせ、積極的な姿勢を促そうとしているのだが、最終的には、やるのは本人な訳で、どうしたら気付き姿勢を変えてくれるか、私も諦めずに探し続けてみます。
置いてく訳にはいきませんから。
それにしても同じ様な出来事が繰り返され過ぎて、ちょっと寂しい。
奮起を期待したいです。

296】奇想天外

関西大会2回戦は東住吉シニアさんに撃沈を喰らいました。
岩崎監督、阿字コーチのコンビにキッチリやられ、9対1のコールド負け。
こんな内容のこんな負け、滅多に無い気がします。
内野がポロリ、外野がポロリ、投手がポロリ、捕手がポロリ、挟殺プレーは追いかけない、盗塁されてもベースに入らない等々、まぁこれは練習不足であり私の指導不足。
だが問題なのは大量8点差で負けている局面でアウトカウントを間違えてのランナーアウト、同局面で2塁ランナーが牽制でアウト、同局面でファールかフェアーか微妙なキャッチャーフライを打ち上げ走らない。
信じられないプレーの連続、いやミスの続出。
特に後の二つはウッカリしていたというレベルの問題じゃない。
私はもっと根の深い何かを感じる…。
トランプをしても将棋をしても何か作業をしても仕事をしても、そして野球をしても性格は出ますがこの種のミスの根源はいささか厄介で何度もやらかす。
時期が時期だけに時間は少ないが、当然私の責任であり何か活路を見出だせないか更に考えてみます。
まぁしかし、大きなイベントを前に、全部の膿みが出切ってくれたのなら、この負けも有意義と受け止める事が出来ますが…。

295】負けず嫌いとセンス

打っても、捕っても、投げても、走っても、跳び跳ねても、体のバランスと感性の良い子がいる。
幸運にも先天的要素を持ったその選手は伸びる。
教えなくてもセーフになろうとするし、アウトを取ろうとする。
速く走ろうとするし、強く投げようとする。
出来なきゃ人一倍悔しさを感じ、特に人の見ていない所でそれをバネに努力する。
当然誰よりも負けず嫌いなのは当たり前。
「負けてたまるか!」って汗水流してやってるに違いない。
こう思えて感じれて、出来るまでやろうとする事が当たり前な子は、正に「センス」があるのだと思う。
子供なりの目線で構わないが、それでも「なにくそ」と思わない、大して「悔しい」とも思わない、「目標」も持たない、そんな選手はあまり伸びないし、大概同じ失敗を何度も繰り返す。
しかも熱い思いがそこには無いものだからその失敗が次に活かされない。
これは野球だけに言える事でも、スポーツだけに言える事でもなく、勉学や研究や大人になってからも色々な事に当てはまると思う。
ただし、センスの有る無しだけで片付けられないし片付けたくもない。
だから、後天的な躾、教育、養成、心の育成、経験、なんだと思う。
それが創意工夫や努力に結び付き、成功への足掛かりになると思います。
中学生野球指導の場に、あまり難しい事は持ち込みたくないけれど、私は指導者として念頭に置くべき事だと思います。
負けん気の強さはセンスであり財産であり、成功への重要なファクターのうちのひとつでしょう。
しかし残念ながらそれをあまり持ち合わせていない選手もいて、その彼等に対して、どれだけ丁寧に根気よく愛情を持って向上心を植え付けていくか。
色んな子を預かる訳で、指導に従事するからには、これもまた大切な事で覚悟と忍耐が要ると思います。
小中学生の野球にあまり道徳を持ち込まない方が良いとは思いますが、野球経験だけじゃ真の指導者にはなれないとも思います。
私なんか未熟者もいいところです。
まだまだコツコツと積み上げているものが足りない。