196】次に活かす

豊中シニアにとって19年ぶりの全国選抜大会は3回戦にて敗退しました。
1回戦は関西優勝チームとしてシードされ、2回戦は金ヶ崎シニアさんに0対7で勝利、3回戦は佐倉シニアさんに7対0の負け。
完敗でした。
関西には居ないタイプの好投手で、1番4番の主軸打者も良い仕事をしていた。
あと1勝して最低でもベスト8には入っておきたいと思っていましたが、そう簡単にはいきませんでした。
チームにおいて、気になる点がいくつかある。
その辺を修正して4月8日からの春期関西大会に挑みます。
良い勉強になりました。

195】全国大会

神戸中央杯は2回戦、橿原磯城シニアさんに完敗でした。
着実に力を付けてきている印象でした。
中学生なので次に対戦した時に同じ印象を持つかどうかは分かりませんが、強いチームだと思います。
対戦出来て良かったと思います。
そして、是非この敗退を有意義なものにしたいし、しなければなりません。

さぁ、週末から全国大会、春期選抜大会出場で、1回戦の相手は岩手の金ヶ崎シニアさんです。
どのチームにおいても各地方大会を勝ち抜いて来ているチーム。
楽な相手など居ない。
こちらとて関西を勝ち抜いて来たチーム。
意地もプライドもあります。
少し選手達に気の緩みがありますので、月曜までに修正します。
このあたりが、やっぱり中学生なんだなぁとは感じますが…。

194】共に上を目指しましょう

新1年生ですが、今年は体験に来られる選手達や、入団の選手達の進み具合が遅れているようです。
大会が続き、体験会のスケジュールが合わない事も一因かもしれませんが、今日現在で入団選手、予定選手合わせて5名。
色んなチャンスの多いチームだと思います。
夢に近付くにはもってこいのチームだと思います。
入団してから変なお金の追徴もありません。
健全な運営をしています。
両翼92メートル、センター108メートルの内野黒土、専用球場を持ってます。
高校進路は是非豊中シニアホームページで御覧ください。
登録の指導スタッフは13名です。
学習塾や野球塾ではありません、つまり、野球だけを教えれば良いとは思っていません。
「自分さえ良ければそれで良い」 なんていう考えも、もってのほか、うちのチームでは認めません。
私は誠の心が根底になければならないと思っています。
従って指導者陣の野球歴も重要ではありますが、それより人柄はもっと重要で、その観点からスタッフを厳選しています。
大きな目標のひとつは高校野球でしょう。
それも、良い選手になりたい、活躍したい、認められたい、その先には甲子園も…。
口先だけではなく真の意味の成長のサポートが出来る可能性の高いチームだと思います。
野球の好きな子、待ってます。
上を目指して一緒にやりましょう。