148】楽は苦の種、苦は楽の種

恒例の合宿も終え、いよいよ決戦モードに入りました。
出来映えの方は現在75点。
安心要素も不安要素も言えばキリがなく、中学生だということを考慮しなければなりませんが、故障者も復帰し、春先の低調期からは格段状態は良くなってきました。
大敵は「気のゆるみ」でしょう。
辛く苦い思いを味わった分、成長してくれた。
良好な状態で大会に入れそうです。
選手達には是非とも自信を持って挑んでもらいたい。
全員で戦います。

15日  合宿、壮行会、新人歓迎会と無事執り行うことが出来ました。
ひとえに関係者の皆様のおかげです。
この場を借りて御礼申し上げます。
誠に有り難うございました。

147】再チャレンジ

初戦の対戦相手が決まりました。
昨秋、寝屋川市長杯で完封負けをした宇陀シニアさんです。
投手力もあるし打力もあるチーム。
同じゾーンにはこれまた完封負けした和歌山シニアさん、そして今春関西覇者の兵庫北播シニアさん等々。
今回の組合せは割りと強豪チームがバラけた感じがありますが、その中でも厳しいゾーンに入ったかもしれません。
ただし、豊中も昨秋とは違うし今春先とも違う。
順調に来ているように思うし、何か選手達がやってくれそうな気がします。

146】新1年生 21名

今年は21人の新入団生が集まってくれました。
1年生ならではの雰囲気ではありますが、例年と比べてキャッチボールの出来る子が多いと思います。
しゃべれる子もいるし、個性豊かで、鍛えれば良いチームになりそうです。
いろんな事を試して適性を見極めたいと思います。
楽しみです。

15日 (日)は、新人歓迎会と日本選手権予選壮行会を能勢ホームグランドで行います。