315】関西大会とその先

実力のある摂津シニアさんとのブロック決勝戦は、勝っても負けても僅差を予想し、その予想通りの苦戦でしたが、どうにか粘り勝てて良かったです。
これにより関西大会本戦切符を手に入れ、第1代表で出場出来る事となりました。
私は毎試合必死のパッチでした。
これで何とか10期連続予選通過となり、北大阪ブロックで過去5年間の通過回数は豊中シニアがトップ、続いて北摂シニアさん、3位は東大阪シニアさんです。
9年前の監督就任当初はこのブロック予選さへ勝ち進めなかった…。
私も色々な経験を積み、苦い思いを味わって現在があります。
経験上、野球と勝負事をなめた時、それから流れを無視した時、そして私に我慢が足りなくなった時に足元をすくわれる事が多い。
さすがにこの年になるといくらか勝負のアヤも分かり、少々の事では動じなくなりましたが…。(笑)
それでもね、采配を振るうって、色んな理由からして難しいです。
それからね、人に教えるって実はとても恐い事で、責任重大で、世間でよく安易に野球とか教えている人がいるでしょ?
そんなに軽い事じゃないのに…と私は思ってしまいます。
技術的なワンポイントアドバイスも時には貴重で効果もありますが、ある意味こんな簡単で無責任な事はないとも思ってます。
それ相応の経験、実績、資格、気質、度量等が必要なのは当然で、その場だけを見て安易に口出しする輩に私は否定的です。
私の持論ですが、能力に欠ける人ほど、軽く、教えたがる。  
本当はとても難しい事なのにね。   

さぁ、10月5日から 関西大会です。
戦力に余裕などありません。
鍛えて叩き上げの選手を育成するしかありません。
来年の6月に向けての新たなチャレンジのスタートです。
チーム内競争の末に大きな較差が生まれて来ることは間違いのないところ。
共に歩んで行きます。

314】2019秋 ブロック予選

予想通り、初戦の北摂シニア戦は苦しい戦いでした。
相手の投手の出来も良く、低めへの丁寧なピッチングは僅差ゲームを予感させ、こういうゲームは1本の快打で決まるかミスをした方の負け。
ましてや、うちは足長の初戦、否が応でも固くなる試合、タイブレークも負けも想定しました。
何とか粘り勝てて良かったと思います。
しかし2回戦の交野戦もそうだが、ランナー能力の低さを痛感した。
まさかのランナーが先発メンバーにも何人もいる。
これは守備力の低さや感性の鈍さに連動している。
このままじゃ勝ち残れません。
まだまだ練習が全然足りない。
今週土曜日のブロック予選決勝、摂津シニア戦には間に合わないが、もっと練習、もっとその先。

 

313】秋、始まりました。

新チームの戦力を測る秋季ブロック予選が始まりました。
豊中シニアの初戦は北摂シニアさんです。
厳しい試合になるでしょう。
今秋のシニアチームは神戸中央さんが抜け出している以外は混戦で、ましてやこの時期、まだまだ練習不足と経験不足で、どこがどういう試合をするのか予想が立て辛いし何が起こるかもわからない。
貧打戦か、バタバタ大味戦か、しいて挙げるならばバッテリーの確りしたチームが勝ち進むのでしょう。
うちとしては今のところ65点の戦力だが、ここに来て故障者続出、野球で起きた故障ではないだけにその素行には疑念が残る。
チームの一員なのですからそこの所は自覚し責任感を持って自己管理をして欲しい。
一方でその分ライバル選手が奮起するかと思いきや、空回りでまだまだ厳しい状況。
なかなか思うようには行きません。
チームも個々も、何とかこのレベルまでに持っていきたいという第一目標、クリア出来れば第二目標…、経験則から確立した育成スケジュールが私の頭の中にはあるが、正に山あり谷ありだし、選手の性格も十人十色であります。
それでいいの?  というオケーションが度々訪れます。
つまずく事は多々あるでしょうが、ちょっと厳しい事を言わせてもらうと、単純な過ちを何度も繰り返してしまう、今言われた簡単な事が出来ない、こういう選手は他の選手の何倍もの意識が要るし、こだわり続けて覚え、体に染み込ませるしかないのです。

その事への甘さというか、負けても平気というか、感性の鈍さが目立ちます。
自ら克服してやろうという姿が見えて来ない。
朝起きたら突然出来るようになってる…  なんて事はありません。
そのうち何とかなるだろう…  なりません。
我々指導者も親ももっともっと知恵を絞って養育していかなければならないのだと思う。
私はここをどうしても諦められない性分なもんだからついつい厳しい事を言ってしまう……。
それはそれとして諦めて次に進む、というのは私の道ではないように思うしなぁ。