344】あと少しの辛抱か?

収束の方向なのか、よくわかりませんが自粛が徐々に解除されつつあります。
大阪の中心街、いつもなら大賑わいの梅田や難波の夜も今は閑散とした正にゴーストタウンで、ここまで人が居なくなるか!?…という感じですが、解除となれば堰を切ったように人が溢れかえるのでしょうか。
このコロナ禍を機に人々の生活様式が変わり、手洗いやうがい、マスクの着用頻度は高まり、それが国内スタンダードになるかもしれません。
既に喫煙問題はワールドスタンダードになりつつありますが…。
外出や歓楽の自粛は緩み始めてますが、ここまで決まりを守ろうとした日本人は律儀で我慢強く、誇りに思えます。
しかしながら、喉元過ぎれば熱さを忘れるのが人の世の常だし、これ以上の経済活動停滞は危機的だし、シビレを切らして色んな場所へ繰り出し始めるだろうし、学校にも行く、会社にも行く、電車やバスにも乗る…。
従って、私が以前から言っているように (今でこそメディアも言い始めているが) 薬やワクチンに大いに期待し、出来るケアは継続しつつも、コロナは当面無くならないものだと仮定し、ウィルスとの共存共生を模索した方が良いと思います。 

大好きな大阪、人影もまばらで活気が無いのは寂し過ぎます。 
それから、前にも言ったが、政府の休業要請と充分な補償とはセットでなくてはならない。
その補償に充実感が無い中、休業要請だけを先駆させるのは、いかにも自分の腹が痛まない、収入の下がらない現場を知らない議員達の説得力の無い話だと感じます。
そういう意味では大阪の吉村知事は大いに評価出来、エールを送りたいと思います。
5月下旬か、6月早々にも一歩進んだ政策の緩和策が打ち出されるかも知れませんね。
自主トレを積み上げている選手達に早く会いたいです。

Hits: 321

343】今をおろそかにしないでおこう

4月25日 土曜日、能勢町のホームグランドにグランド点検と外野天然芝の補修作業に行って来ました。
ご父兄も数人手伝って下さり、有難い限りです。
また、新3年生も何人か来てくれ、体が大きくなっていることに驚きました。
彼等は体重も増え、身長も178cm位になっている。
今年は特に戦力的にも充分戦える学年なので現在の自粛は余計に残念ですが、あれこれ言っても仕方無い訳で、今は現実を受け止め、以前にもこの日記で言いましたが、新型コロナとも共存の準備と覚悟の意を強め、今為せる事に全力を尽くすということではないだろうかと思います。
国会中継を見てても、野党の質問、あれ何??「5月6日までで収束するんですか?」「外出自粛はなぜ80%にしたのか?
70%とどう違うか?」とか…。
この80という数値はおそらく専門家が再生産方程式ではじき出した数値だと思うが、安倍総理にだって分からない事ばかりだって! たしかに昭恵夫人の行動は愚行だし、1家庭にマスク2枚は何か意味あるの?って感じだし、安倍さんが当ててるマスク、いささかサイズが小さいですけど。
未曾有の混乱の中、的確な予想や言動が困難な中、揚げ足取りしててもしょうがないのに、と思えてならない。
この連休中、じっと自宅でテレビを観ていると、理路整然といかにも自分が1番正しいと言わんばかりの勢いでコメンテーターがしゃべっているけれど甚だ不快であります。 
私は教え子達に、今をどう感じ、受け止め、自分の為に出来る事、人の為に出来る事、を考える良き経験と捉えて欲しいと思っています。
その先にはきっと、人とはなんぞや? 野球人とは? 家族とは? ということも少なからず見えてくるのではないだろうか。
そして私は、以前と同じく、「スポーツは平和の下で成り立っている」との意を強く再認識しているところであります。
無力な私は、万が一の感染リスクとその後かけてしまうであろう迷惑を考慮すると、「大人しくしていなかった後悔」はしたくないので、先駆して活動再開は今のところ考えていません。       

本日5月4日、政府の緊急事態宣言延長となりました。
予想通りだが、中小企業や飲食業等の経営悪化は凄まじいものが有り、正に死活問題であり、自粛を要請するからには充分な補償が必要と思います。
それから日本のPCR検査進捗状況は世界で34位と大きく劣っています。
事態が事態だけに悠長に精査してる場合じゃない。
こういう事に最優先で速やかにシンプルに国費を使わなければならない急を要する100年に1度の状況になってると私は思いますが…。        
子供達が野球をやってる姿、早く見たいなぁ…。

Hits: 322

342】新人、現在12名

現在、入団予定2名を含め計12名のルーキー達です。
例年と比べるとまだまだ少ないですが、清く熱い思いで入ってきてくれました。
早熟な子は少ないのでジックリと育てたいと考えています。
今後も見学や途中移籍、体験、そして入団の子をお待ちしてますが、まずはしっかりと基礎体力作りから始め、3年生になってからの結果とその後の高校野球に恥じない選手育成をしてまいります。
近隣の多くのチームが足繁くスカウト活動をする中、豊中シニアはそれをせずこれまでチームと選手を育成してきました。
時代の変革を受け、私も今後は動かなければならないかもしれませんが、いずれにせよ数多いチームの中から豊中シニアを選んで下さった御家族の皆さんです。
感謝の意を持って指導に従事します。

Hits: 241