106】2014年末日

今年も年末を迎えました。
毎年、同じ中学生野球に携わっていても、毎年、異なる色んな事に出会します。
嬉しい体験もあるが、苦い体験の方が多い。
「 乱、迷、正に成長前進の一過程と考えたい 」
否、野球指導に、組織繁栄に、ゴールなど無い訳だから、それを認識し、敢えて固定概念での戦術を持たないのが極意に繋がるのかもしれません。
ならば私自身、常に経験、常に勉強。
そして喜びも怒りも、哀しみも楽しみも常在すると覚悟してかかることが肝要。
私自身が更に何かに気付き、意識が変わり、行動が変われば、違う世界が見えてくるはず。
成功、失敗、両面から必ず有意義なものを掴み取る。
来年もこれを念頭にチームの為に精進したいと思います。
一方で、私が寛容すぎた面もあります。
現場の長として、これまでと異なり、正しいと確信が持てる事は、言うべき事として、今までよりもハッキリと言うようにします。
言わせてもらいます。
そして従ってもらう。
要はチームの為であり、各々が無礼を謹み、立場を踏まえた良識のある言動をとれば良いということ。
一般常識さえあれば難しくない訳で、簡単なことです。
1年の締めくくりという丁度良い機会、ここらで大人も一度我を省みてはいかが?
和を乱してないか?
豊中シニアは練習や礼節に厳しいチームですが、それでもその中で、平和、思いやり、尊敬、気遣い無くして成長、繁栄、安定など無い。
私も難しい事を言うつもりはありません。
平和、安定がベターであり管理し維持していきます。
利己主義にはメスを入れなければならないでしょう。
崇高明媚な巨大なチーム?
私はそんなの目指してない。
豪華客船も良いが、我が古船は 「 型は古いがシケには強い 」 何だかまるで演歌や浪花節の様ですが、こんなドロ臭い、地味だが継続的な努力で、下へ下へと根を伸ばし、いずれは大輪を咲かすであろう蕾にまでは持っていってやりたいと思っています。

今年一年、こんな私の日記にお付き合いをいただき、誠に有難う御座いました。
どうぞ良い年を御迎え下さい。

豊中シニア 監督 宮本 浩二