197】関東レベル

私は常に頭の片隅に置いている言葉がある。
この言葉、仕事でも監督業でも、けっこう教訓になる。
予想しなかった事が起こったとしても、以外に私は焦らないし慌てない。
予期しなかったとは思わない。
懸念はあったはずだ。
すべてに当てはまるわけではないが野球や私の職業には正に言い得て妙。
私の心を読まれてしまいそうなので、どんな訓戒なのかは今は言えませんが、いずれここに掲載します。
大したことではありませんが…。

さてリトルシニア春季全国大会は、我が豊中シニアを3回戦で破った千葉県の佐倉シニアさんが優勝しました。
関東勢同士の決勝戦、関西勢はベスト8にすら入れなかった。
私がダメでした。
そしてここ1番での力の差をマザマザと見せつけられた。
やはり要所要所でミスがある方の負け。
要所要所で平常心でプレー出来ている方の勝ち。
この違いがチーム力の差となって試合を支配する。
せめてもの救いは、うちが負けた相手、佐倉シニアさんが優勝チームになった事。
いずれにせよ、もう一度再構築をはかり、仕切り直していきたいと思います。