336】翻弄されずに

政府系の感染病専門家が今月初めに「あと2週間程度で収束の可能性もある」とマスコミに公表したが3週間後には「拡大の勢いを増した」と言う始末。
3月2日付けの私の日記コメントが残念ながら当たってしまいました。
そして15日に書いた、オリンピック開催も微妙という私のコメントもその10日後に現実のものになってしまった。
今後はと言えば、これも前から言っているようにもっともっと拡散し、感染経路など調査しきれない状態になると思う。
そんな中、私達は慌てず騒がず我々で出来得る限りの予防対策をするしかない。
新種のウィルスのため不安だらけだが当面は、対インフルエンザと同様のイメージで行くしかないのではないだろうか。
そのうちもっと有効な対策や食物、そしてワクチンや治療薬が開発されるのはここ1〜2年の事だろうと予想する。
その場合はアメリカが先駆すると思います。
怖いのは経済活動が遮断、麻痺してしまってる点。
夏の高校野球も黄色い信号が点滅してきたように思う。
色んな宗教や国毎の文化の違いが有るように、感染病に対しての感情も国民性に違いがあり、この地球規模の一大事、誠に厄介です。
私は花粉症で、くしゃみ、目のかゆみの症状か出る。
そして黄砂ではノドを痛め声が枯れる。
目に見えない敵と脅威に翻弄される訳だが、家に閉じこもってる訳にはいかないし、家にいても症状が出る時は出る。
何度も言うが、出来る範囲の予防対策はするが、避けて通れない部分もあるし、新薬を待ちつつ、どう付き合って行くかしかないと思う。

Hits: 25