440】完敗

日本選手権予選3回戦、対神戸中央シニア戦は6対0の完敗でした。
相手は尻上がりに良くなっていったエースと捕手、既に高校2年生レベルの遊撃手、そして豊中の打球方向を読んで固めた右翼手の守備。
技量は相手が上です。
勝てるとすればうちの投手の踏ん張りに期待し、4点までの勝負、4対3か3対2か2対1。
負けるとすれば一方的なコールド負けと読んでいました。
3回までは粘ってまずまずの良い展開、4回表が終わって3対0にされるも、ベンチの雰囲気は良いし、私もここから逆転出来ると感じていた。
しかしさすが神戸中央さん、そのあたりからエースのギアが上がって来た。
何とか1点取って3対1にすれば流れが変わると見ていたがそれを許してくれない神戸中央さんの底力。
完敗でした。
ただ、6失点の内3点はうちの守備の未熟さから来る失点で、想定はしていたが、やはりここ一番で出てしまったかぁ…という感じで、鍛え上げられなかった私の責任です。
うちの投手もあの狭いストライクゾーンで良い粘りのピッチングをしたと思う。
中学生にはあまりにも酷で、両チームとも平等ではあるがとにかく狭い。
そして2度に渡る疑念のボークコール。
その1度目なんか全員ベンチ前に引き揚げつつある中でボークだ戻れと。
2度目は何か意地でも張っているかのごとくボーク!ボーク!ボーク! といったい何度言うの? ハッキリ言って中学生野球であの2つをボーク宣告したら駄目です。
こっちは抗議もせず黙って耐えている訳で、もっと中学生野球を理解して欲しい。
スタンドで見ていた指導者仲間も何がボークなの? と私に言ってきたくらいです。
まぁそんな腹立たしい事が無かったとしても試合は負けていただろうけれど、勝っても負けてもこの種のストレスだけは感じたくないといつも思います。

Hits: 845