248】日本選手権予選を控え

今年はメインイベント日本選手権の予選が例年より1週間以上早く始まります。
まぁそんなに大した違いは無いが、我チームの今年がこれまで数年間と決定的に違うのは、3年生に責任感、使命感が今一つ備わっていない事、同じ失敗を何度も繰り返すにもかかわらず取り組み姿勢に変化が無い事、素直さに欠ける事、精神的成長が乏しいという点。
確かにボディーは大きくなったがエンジンが小さいまま。
野球感も残念ながらまだまだです。
普通の事をやってても結果は普通、人並みの事をやってても結果は人並み、当然人並みや普通が目標ではなく更なる上を目指す訳ですが、その普通、人並みの事さえも出来ていない。
つまりそこまで持っていけてない私の責任なのですが。
ここまで思い通りにならない事は私にとって初めて。
出来るまで追求してない私が悪いです。

今反省しきりです。
ハッキリ言って私が甘くなった。
横着さを顔や態度に出す、人としてこれでは高校で通用しないと思える選手を以前は許さなかったが、今は黙って静観している…。
苦悩は私や指導者の中にある…。

ひとつ言っておきたい事があります。
豊中シニアは野球の塾ではない。
以前にも言いましたが。
従って練習は基本的には平等でも、試合に出る出ないは平等ではない。
大事な試合を病欠した選手を翌日すぐに起用する事もまずない。
どうしても理解して頂きたい事項のひとつです。

多感期の中学生、野球指導だけならまだしも、それ以外の事をも申さなければならない中学生野球は、本当に難しいです。