129】死に物狂いでやってみよ

7年ぶりの優勝を目指した大阪府知事杯 (当時は大阪市長杯) は、残念ながら準優勝、決勝戦で柏原シニアさんに敗れました。
この9月からの対戦成績だけを見ればそこそこ勝ち進んでいる事もあり、評価はされているのかもしれませんが、私としては不満だらけ。
こんな準優勝でホッとしてたんじゃ話にならない。
まだ完成には程遠いチームで、この時期は不安や課題を多く抱え試合に挑みますが、それにしてもお粗末で懸念していた事がすべて出てしまった。
とにかく懲りない、反省がない、すぐ忘れる、したがって欠点を克服できない、だから進歩がない、理解しようとしないので解らないままただやらされてるだけ…。
一言で言えば 「弱い!!」   それこそ一番 「楽しくない」 野球。
みんな甘ーいお坊ちゃんが多いから、とにかく人間が弱く、意地を張って歯を食い縛ってやる選手が少ない。
魂の無い野球をする者と、私の目指す野球では、「楽しさ」 の種類が全然違う。
このままじゃいけません。
監督として厳粛に受け止めています。