348】想定内のスタート

苦難の末、何とかスタートを切ったシニア日本選手権予選。
関係者の皆様におかれましては大変な御苦労がおありだっと思います。
改めて御礼申し上げます。
野球選手は、どんな形であれ練習に打ち込む環境と状況、そして試合をしない事には良い感覚が芽生え育っていきません。
面白くない強化反復トレーニングを子供に飽きさせないように工夫をこらすのも指導者の役割ですが、やはり野球を、試合を、やっている子供達の嬉しそうな自然な表情はかけがえの無いものであり、こちらも嬉しくなって来ます。
この素晴らしいスポーツを心置きなく可能にするためにも世の中が平和であって欲しいと切に願います。
今週の九州地区の大雨災害、養護老人ホームの悲報を含め大変お気の毒な事態となっています。
この春高校進学した豊中シニア出身の左腕投手楠木は熊本秀岳館高校。
その地は今災害被害で話題の球磨川流域に御家族の多い地域です。
楠木も連日ボランティア活動に参加しているそうです。
「楠木、お前、えらいよ!」
本人自ら希望して進学した先、素晴らしい選択をして自分の為にも人の為にもなってるし着実に男を磨いているな。
有難う。 

日曜日、万博球場での予選1回戦試合前、北摂シニアの後藤監督さんが長男さんを連れて挨拶に来てくれました。
その後藤ジュニアは今春、大学を卒業されています。
中学生の頃から素直な良い子だったが益々良い男になっていて感心しました。
我が子の躾教育で成功している後藤監督は北摂シニアで良い育成をしているのは当然だと私は思っています。
数少ない関西を代表する監督の一人であります。 

さてその1回戦、我がチームは投打がうまくかみ合い、9対1と快勝。
不安の1回戦を突破しました。
変な緊張感は無く順調ですが、劣勢になった時に本当の実力と自分が出てくるのでその時を楽しみにしています。

Hits: 382

347】小さな出会いを意味の有る出会いに

現在ルーキー12名。
私の監督就任からの12年間で毎年平均20名のルーキー数ですから今年は少し寂しい気がします。
多ければ良いというもんじゃないが、両翼92メートル、センター108メートル、内野黒土、外野天然芝のホームグラウンドを持っている我がチームの各学年ごとの適正人数としては、育成の充実、チーム内競争、戦力向上等々色んな事を鑑みて各学年20名前後と思っていますので、あと数名、熱く、気の良い、野球大好き小僧君が入って来てくれたらと期待しております。 
チーム戦績も高校への進学実績もホームページにて掲載しております。
豊中シニアの選手は高校野球での活躍度合や人間的成長度合も高い方だと思います。
また、チームの月々の会費等支払額も少ない方ですし、その他の臨時徴求もほとんどありません。
皆さんは、まさか中学生野球に年間トータルで40万も80万も支払ってるなんて無いですよね?。
私の感覚では有り得ない事です。
あとから分かる事も多く、とても残念な事ですが、グランド等の「練習環境」、チーム育成力から成る「戦績」、高校進学等の「実績」、年間の実質「費用」、親御さんの皆様の正味の当番やお手伝い等の「御負担」、(この御負担がゼロという話を耳にしますが、私は健全で責任有る育成に於いては、それはほぼほぼ不可能と思っており甚だ疑問であります。)私どもはお手伝いや当番は残念ながら有りますが、それでも必要最小限にとどめ、かなりの軽減に努力しております。
それから送迎等の「参加手段」、そして指導者の能力や人柄等の「人間性」。
これらいくつもの項目で豊中シニアが劣っているならば仕方無いと思いますが、私は、どれをとっても他チームと充分勝負出来るし、上回ってる項目もいくつも有ると自負してます。
どうぞ御自身の目でお確かめ下さり、御納得頂けましたならば、是非私達と共に高みを目指して頂ければと思います。
小さな出会いを大切に、行く末には大きく羽ばたけるよう夢を共に追いかけてみませんか? 

Hits: 390

346】再始動

コロナ事件以降、シニア関西連盟のもと、各8ブロックの足並が揃わない感じでしたが、13日の関西連盟会合と14日の日本協会の理事会にて日本選手権を縮小規模ながら開催する件と延期になっていた春季全国選抜大会を8月に開催する事が決定、関西連盟の居地理事長が子供達の為に多大に御尽力下さったと私は思っており、心より感謝しております。
高校野球も代表権を有しているチームは何とか甲子園で一試合だけでも出来る…。
私は良いことだと思います。
但し、コロナ第2波は来ると思う。
中国も、終息と浮かれて繁華街や観光地に大勢繰り出し始めているが、私は非常にリスキーだと思っています。
世界が挙って検査薬やワクチン、治療薬の開発に躍起になっているが、まだまだであり、確実性のある物が出来ない限り、我々庶民も目に見えない不確かな敵と戦う状況にある。
恐れてばかりはいられないが、やはり、甘く見ず災いを忘れず、日々出来る限りのケアを怠らない事だと思う。
そういう国民の義務を果たし、政治家の動向を見る。
フットワークが悪かったり、言い訳や屁理屈や嘘、そして揚げ足ばかり取る政治家や政党には我々が投票しなければ良いのではないだろうか?
私利私欲を度外視した実直清々かつ実行力が重要と私は思います。 

さぁ、我がチームも7月4日からまた新たなブロック予選が始まります。
8月に延期の全国大会の切符は獲得しているので楽しみも多いですが、いち早くモチベーションを高めて強い選手育成を再開したいと思います。
そして「良い」野球をやりたい。

Hits: 306