190】根を張る

初戦は予想通りの苦戦でした。
気になっている事がそのまま出てしまった。
想定内と言えば想定内なのだが、悪い予感が当たるというのは、あまり気分の良いものではありません。
これからの、やらなければならない事の重要さに改めて身の引き締まる思いです。
完璧なチームなんてどこにも存在しないし、指導者は「これでよし」なんていう満足などはしない。
ただただ理想に一歩でも付けるよう試行錯誤し悪戦苦闘します。
たぶん野球を辞めるまでずっと。
そんな中、毎年チームの特色が出ます。
各チームの指導者の特徴は、どのチームも把握済みだろうと思いますが、それでもその年の選手層によって若干の色は変わります。
今年の豊中シニア、良くも悪くもハッキリとした特徴があります。
欠点を克服出来るか、長所を伸ばせるか、大切な時期になって来ました。

1回戦寝屋川シニア戦、2回戦池田シニア戦を何とか突破し、今週は交野シニアさん対吹田シニアさんの勝者と戦います。
少し状態は良くなって来ました。
謙虚にチャレンジャーとして戦います。