191】来たれ熱男

体験練習のこの季節ですが、今年は特に進み具合が遅く、まだ今のところ参加者は少ないようです。
天候や学童さんのスケジュールも大いに関係していると思いますが、一度、豊中シニアの練習にご参加下さい。
出来れば豊中シニアのホームグラウンドでの普段の練習にも是非参加をしていただきたく存じます。
豊中シニアは、そんなに厳しい方ではないと思いますが、それでも強いチーム作りや好選手養成、そして礼節にはこだわりがあります。
アマチュア野球の登竜門でもある高校野球の指導者の方々に認められる選手育成、という事も念頭にあります。
もし中学生チームを選ぶにあたって、ユルくてチャラけた楽しさでもオーケー、というのであれば、私の考えている野球の喜びや楽しさとは違うので、豊中シニアは合わないかもしれません。
適度に楽しく適度に厳しく、厳しいけれど楽しい、楽しいけれど厳しい、というのがひとつの理想ではないでしょうか。
それぞれの御家庭に思いや希望や目標が有ると思います。
この3年間で我が子にどう成長して欲しいのか、また本人はどうなりたいのか、どこを目指すのか、その目標によって選択するチームは異なってくると思いますが、中学生は多少厳しくても、面倒見が良くて温かいチーム、高校生は努力次第では、何とかメンバーに入れそうな、身の丈に合ったチーム、を選択するのが良いのではないかと私は思います。
熱い野球小僧達に会えるのを楽しみにしております。