72】今、思う事

ブロック予選は三回戦まで勝ち進み、関西大会本戦切符は手にしました。
今週末は摂津千里丘シニアさんとの準決勝戦です。
今ブロック予選はこの冬のトレーニングの成果や課題を確認する時でもあります。
どれだけの体力が付いたかという事も重要です。
まだまだ細かいミスの連続でしょうが、これからの2ヶ月で仕上げていきます。

しかしながら、それにしても、新三年生、まだまだ甘いぞ。
練習態度に自分の意志が入っていない選手が多過ぎる。
誰かの後を流されるように歩く、誰かに続いて返事、やれと言われているからやってるだけ、動作は鈍い、集合には一番遅れて来る…。
全く自分の意志が無く、意識も低い。
当然人に指示する事など出来るはずもない。
月曜日の平練でも言ったが、バットスイングで手を抜く選手、強化トレーニングで手を抜く選手、ロードランニングで手を抜く選手、等々、そこに何の意味があるのか!?
少し手を抜いて楽が出来たから得したの?嬉しいの!?
今日も楽が出来て良かったってか!?
いったい何しに来ているの!?
何のためにやってるのか、どんな目的を持ってるのか、そして夢を実現したいのかどうか、全然わからないし理解出来ない。    自分を追い込んで必死に練習する選手と、常に要領よく手を抜いて練習する選手。
その差は1ヵ月や2ヵ月ではほとんど現れない。
しかしその差は静かにゆっくりと進行し開いていく。
そしてもっと怖いのは 「癖」 や 「習慣」 が身に付く事。
努力する習慣なら良いが、怠ける癖や習慣はやはり選手の成長を阻む。
私の野球人生は後悔ばかりです。
もう少し早く気付いていれば…と。
心の底から気付いたのは大学3年の秋だった。かなり遅いです。
でも気付いてからの私は変わったし、最後の1年間は、一番険しく、一番厳しく、一番激しく、でも一番充実していたし結果も残しました。
もし選手逹に、中学生のうちに気付かせてやる事が出来たなら…、今ずっとそのことを考えています。