208】1年生、現在14名。

今年の新入部員入団の動きや流れは、去年までとは極端に違い、私の予想とは全く異なる片寄り方です。
どちらかと言えば私と志が似ていて、成績水準も高い方のチームに新人が少なく、何かと考えさせられます。
数年前になりますが、豊中シニアは北摂周辺地域では一番お金が高くつくとウソの情報を流されて、結局そんなウソ情報で多数の選手を獲得したチームが退部者続出で傾いたなんて事もありました。
調べてみたら年間を通してうちが費用の安さでもトップクラスでした。
今、私の耳に入ってきているのは、豊中シニアは練習が厳しい、ランニングが多い、指導者が厳しい、母親の当番が大変、父親の当番が大変、送迎が大変、等々。
いちいちひとつひとつに反論はしませんが、噂話だけで物事を決めるのはあまりに早計。
どうぞしっかりと実際を見て、見極めてください。
中には色んなチームにおいて、入団前に聞いていた話とは違うと、もうかなりの退部者が出ている話も聞きます。

豊中シニアはそうならないように出来る限り清く正しく強く、そしてあたたかく、を心がけておりますが、うちもまだまだ未熟ということです。
うわべや入り口だけで判断せず、子供の変化率や出口も調べてみたらいかがでしょう。
我が豊中シニアはそのあたりの勝負は出来るチームになってきたと思います。
また今後の中学生野球の流れとしては途中退部や移籍も増えるんじゃないかと予想します。
そんな時代になって来たような気がします。
でもね、真面目にコツコツと地道にやっていれば、ちゃんと野球の神様は見て下さっていると、私、実は本気で信じているんです、はい。 (笑)