221】訃報

この夏、富山県の決勝戦で惜しくも敗れ、残念ながら甲子園出場は果たせませんでしたが、無名のチームを春は県内ベスト4、夏は準優勝と、着実にレベルアップをはかってこられた人情味溢れる高朋高校の森崎監督さんが急逝されました。
享年53才。
物腰が柔らかく、あたたかい人柄で、先日は奥様ともお会いしたばかり。
ご本人も今夏の激闘でお疲れの様子で、少しお痩せになられたかなと思っておりました。
この夏の背番号1を豊中シニア出身の田中に与えて下さったり、1年生の豊島を預かって下さったり、そして来春の選手の事でも先週の金曜日に電話で話したばかり。
富山工業や富山第一高の礎を築かれたのも森崎監督で、富山県高校野球の功労者の御一人でもあります。
53才はまだまだ若い。
今度、雨天練習場が出来るんだと喜んでおられましたのに…。
もっともっと色んな話がしたかったです。

心より御冥福をお祈り申し上げます。