224】新たなる挑戦

新チームの秋季ブロック予選は何とか最後尾の5位ではありますが通過出来ました。
去年秋季の関西優勝旗をうちのキャプテンが開会式にて一人で返還に行く事は避けたかった。
全員で前年優勝チームとして先頭で入場行進が出来ます。
ホッとしてます。
毎年良いチームを作り続ける事は本当に難しいです。
それを成し得ている神戸中央さんや河南さん等は本当に凄いと思います。
しかも常に優勝に絡む。
私など足元にも及ばない。
簡単に真似出来る事ではないです。
我がチーム、何とか本戦へ出場は叶ったものの、課題山積みです。
ほぼ何も出来ていない。
バント、走塁、捕球、送球、積極性…、何の事はない、全部です!
我々指導者がもっとしっかりしなければいけません。
ここ2~3年前からかなり順調に組織作りも出来、指導分担、練習内容、効率、そして環境整備等の改善効果もあって、比例してチーム成績も向上、安定しておりましたが、まだまだ我々指導者がダメという事です。
継続、安定させる難しさを感じています。
今年、来年とアビリティ的にはちょっと厳しいかもしれませんが、少しでも上に持っていく努力をいたします。
やれる事は沢山有ると思う。
各チーム共そうであるように部員の減少、そして特定のチームに選手数が片寄る現象、それは複合的な要因と、企業努力のたまもの?
ではありますが、今までは、それなりに強くなりさえすれば選手は集まって来てくれるものと信じ込んでいた私でさえ、今後は入団誘致に対する何らかのアクションが必要と考えるようになりました。
良い事かどうかはわかりませんが…。

本戦、関西大会は10月7日からです。
初戦の相手はまだ分かりませんが、うちが予選第5位通過の為、他のブロックの上位チームと対戦することになります。
どこが相手であろうとも、今はまだ対等に戦える状態ではありません。
全力で必死にやるしかない。
来年春までに、ひとつずつ出来ないことを出来るようにしていかなければならないと思っています。
のびしろは有る。