229】今やることは

早いもので、もう10月も下旬。
先日の台風は初めて体験する強い風で、豊中シニア専用の能勢球場もいくらかの被害を受けました。
選手達の為にも早急に復旧作業に取り掛からなければなりません。
関係者の皆様のご協力何卒よろしくお願いいたします。
近年は確かに異常気象なんだと思います。

さて、シニア関西大会準決勝は雨天延期となりましたが今週も天気の方が心配です。
この4チームはこの後12月に開催される甲子園でのタイガースカップの出場権も得ており、より充実した練習をしていることでしょう。
去年の我がチームがそうでしたから…。
球場は最高、ヤング、ボーイズの上位チームとの真剣勝負も最高、選手達にとっても大きな成長への足がかりになると思います。
私もまた次回頑張ります。

我がチーム、年内にいくつかの大会がありますが、平行してまだまだ土台作り、体力強化、馬力アップに専念し、その上で、捕る、投げる、走る、打つ、を築き上げていく。
そして最も重要な事、それは自分の意志を自分の言葉で相手に迅速に伝える事の出来るプレーヤーになるという事。
普段は大人しくても良い、根っから無口でも構わない、でも「ここ一番」誰よりも先に敏感に感じ、まず声でプレーを支配し野球を作っていく。
そこまで行くのは簡単な事ではないが、しかし、やれば出来るようになる。
出来る。
そうなる為にまず体力的な裏付けが絶対必要、そこに強靭な心が育ち、技術も伴っていく。
そうすればもっと自信のある声に変わる。
その過程でまた沢山失敗すればいい、間違った声や判断ミスも大いに結構、腹からしゃべれる事に価値が有る。
自らの意志で発した大きな声です、汗かいて恥かいて強くなる、鍛練、失敗、成功、挫折…これらの繰り返しが大輪の花を咲かすのです。
間違いなく明日に将来に繋がります。