234】年末のご挨拶

年齢も50半ばを過ぎると若い頃とは違って、時が経つ速さが何倍ものスピードになります。
小学生時、1か月後の旅行や運動会を今か今かと待っていた。
中学生時、大好きな野球の大会、その日がなかなか速く訪れない。
高校時、イヤでイヤでたまらないオフのトレーニング期間、ぜんぜん時が動かない。
大学時、地獄のような1年生時の寮生活、早く2年生になりたいが全然月日が過ぎてくれない。
それが今はどう?
1か月どころか1年がアッという間。
数年前の事が昨日の事のように思えます。
つくづく年を感じる。
子供達に、一年後は…とか、将来は…とか言ってもそりゃ解らないかもしれませんね。
と、そんな事を思いつつ監督として8回目の歳の暮れを迎えます。
今年も色んな方々に御指導御鞭撻を賜りました。
そして沢山の人達と知り合う事が出来ました。
勿論沢山の野球少年達にめぐり会いました。
やはり出会いは大切だと思います。
小さな白球が取り成す「縁」 、以前も書きましたが大切にしたいと思います。
今年1年間、誠に有り難うございました。
どうぞ良い年をお迎え下さい。

2017年12月29日
豊中リトルシニア 監督   宮本 浩二