233】感無量

ちょっと早いですが、24日、年内最後の練習、納会を専用グランドで行いました。
例年高校三年生がメインで沢山里帰りをしてくれるのですが、地方組は24日では帰省が間に合わず少な目の人数となりました。
しかし他の期生も含め、みんなの元気な姿を見ることが出来、嬉しく楽しかったです。
紅白戦も面白かった。
守っている時、ランナーでいる時、ベンチにいる時、みんな野球人の良質のヤジや会話が飛び交うんです。
私が望んでる姿がそこにあった。
みんな良い顔してたな。
良い男になってた。
それから、うちのOBでオリックス球団で現役を引退した丸毛君がみんなにクリスマスプレゼント持参で駆けつけてくれました。
これまた爽やかでメチャクチャ良い男。
「丸毛君、ありがとな、あのアクシデントが無かったら今頃は活躍してたはずなのにな… 」
彼は大阪桐蔭ではレギュラーではなかったけれど、大経大で頭角を表し、プロになった選手。
努力の男です。
その人柄が認められ、オリックス球団職員に採用されています。
1年間で唯一と言っていい、全くノープレッシャー、ノーストレスの野球日。
御父母の皆さんにも沢山お集まり頂き、OB戦を堪能しました。
御父兄の協力の下、ライト線とバックネットの修繕作業も進んでおり、中学生野球にとって有難い球場になって来ております。
環境の整ったグランドにて新春を、そして新入部員を待ち受けたいと思います。