240】一生懸命は美しい

今ね、弱いなりに頑張ってます。
キャプテンの岩井や副キャプテンの辻田なんかもう必死でやってる。
何人かに意識が感じられるけれどまだ2~3人なんだなぁ。
必死でやらなきゃ上達しないし自分のものにならないのに、上達した選手だけが見える特別な景色というのがあるのに。
選手達に見せてやりたいなぁ、その景色。
なぜ上手くなるために必死にならないんだろう?
逞しさに欠けるというか、辛抱強くないというか、そういう時代なのだろうか。
楽天家の不安も、無口な奴の訳の分からん行動力も、分かっちゃいるけどやめられない、っていうのも、それはそれで魅力はあるけれど、やはり真剣で必死さのある「一生懸命」が一番美しいと思う。