242】使命、役割

北大阪ブロック予選は高槻シニアさんが1位通過、豊中シニアは何とか吹田シニアさんに辛勝して最終枠5位で通過いたしました。
正直ホッとしています。
4月7日から始まる関西大会に向け、出来る限りの補正をしていきます。
まずは己を知らなければならない。
自分は出来ると思っている選手や、はたまた、出来ると思っている親も多いと思うけれど、実はかなり出来てないです。
そこを真に出来るようにならなければいけません。
それを謙虚に受け止めてリスタートする事が重要。
単なるイメージからの選手起用ではなく、影響度やデータや確率も重用する私は、それを理解されず批判される事も再々であろうと思うが、実は私はあまり気にしていない。
実績の積み重ねと、強い組織、チーム作りをしてきたという信念自負自信があるからです。
そして大基本は、信頼出来るスタッフとのチーム内セオリーの確立です。
スタンダードな野球セオリーなど百も承知している、その上でチーム内セオリーを作り上げていく事が大切なのです。
必ずや一般想定以上の豊中シニアならではの成長階段を上らせてみせます。
その為に、親は木の上に立って黙って見てやる覚悟、指導者は教え過ぎずに考える習慣をつけさせ導く努力、が必要だろうと思います。