252】これからの事

日本選手権関西予選はベスト4まで出揃ってます。
一部で波乱の展開もありましたが、この4チームはいずれも実力通り。
どこが優勝しても不思議ではないです。
ここまでくれば神宮への切符も手にした事もあり、勝つという強い意思もさることながら、シャキッとした中にも余裕とリラックス感のあるチームが勝つのではないだろうか。
勿論投手の出来がカギを握っているのは言うまでもないですが。
そしてこの4チームには2つの共通点と、3種類のチームタイプに分類できると考えますが、それは私の私感中の私感なのでここでは言いません。
楽しみな試合だと思います。
豊中シニアもやはりこの場に勝ち残っていなければいけません。
とにかく今年は上位に引っ張り上げる事が出来ませんでした。
私に足りないものがあるという事です。
私の野球観も過渡期なのかもしれません。
新たな戦略、構成、構築が必要。
粘り腰でチャレンジし、3年生時に勝つチームに育て上げることが重要。
鋭気を養い、もう一度挑戦してみます。

しかしながら3年生の中でも、心意気にかなりの温度差がある。
悔しくないんかなぁ、もう過ぎ去った事なのかなぁ…。
負 (ふ) を引きずる必要はないが、糧にしその後に活かさなければ涙を流した意味がないではないか。
好きな野球を、面白おかしくやるってことなのか?
私なら好きな野球をやって、いや、やらせてもらって、強くなって、上手くなって、試合に勝って、チャラけた楽しさではなく、アスリートとしての喜びを仲間と感じたい。
その為に人知れず努力する。