267】足掛かり

悪天候により10月8日からの開催に延期となりました関西大会に北大阪ブロック第2代表チームとして参戦出場します。
予選が終わってからの日柄が少なく、天候も悪かった為、どのチームも練習量は不十分でしょう。
ましてや9月からの新チーム、安定感を求めるには無理があり、波乱の大会になると思います。
成長手前の選手ばかりですから、とりあえずこの秋は潜在能力の高い子が多く居るチームが当然有利ですが、全体的なレベルも少し下がってる気がする。
何チームかは戦力が充実しているようにも聞いていますが、やはり毎年この時期は、やってみないと分からない不確定要素が多く、面白くなると思います。
沢山の落とし穴にいかに落ちないようにするか、又は落ちる事を見越して大雑把な点の取り合いになるか、失敗を気にすること無くいち早く切り替えて取り返せるチームが勝利すると思います。
上記は10月5日作成文です。

翌日の抽選会で初戦の相手が京都北シニアさんと決まり、一昨日その1回戦を戦いました。
何とか勝ちを拾った感じです。
予想通りの大味な展開で、まぁそれでも初戦を勝てて良かったです。
次の2回戦は同じブロック1位通過の北摂シニアさん、そう、前回負けたチームです。
簡単に勝たせてもらえる相手ではない。
しかし簡単に負ける訳にもいかない。
私は後藤監督さんは有能な監督だと思っていますし良きお付き合いをさせて頂いています。
今も昔も将来も、良きライバルでありたいが故に、一所懸命に正々堂々とチャレンジします。
勝敗以外にも得るものが多く、楽しみで仕方ない。
そして勝っても負けても次は交野シニアさんか河南シニアさん。
これまた厄介な相手ですが、勝ち進んで行けばレベルの高い色んなチームと対戦出来る訳で、体力面、精神面、野球観等の養成と平行して実戦力向上には勝ち上がる事が重要な糧のひとつである事は言うまでもありません。
自分達の野球をやって、尚且つ未熟なものをさらけ出し、不足してるものを見つけ出し、来春に繋げたいと思います。
今のままでは夏、勝てませんから。