293】リトルシニア野球、春の全国選抜大会

2年ぶりに出場しましたリトルシニアの春季全国大会でしたが、1回戦、関東代表の浦和シニアさんに延長タイブレークの末、4対3 にて敗退しました。
リトルシニアの野球で1球の重み、大切さをこれほど感じた事はありませんでした。
コーチも同じ事を感じてくれていたと思います。
試合後みんなには私の思いを伝えましたが、わかってくれたらば、この次会う時は、顔つきも、態度も、行動も、変わってるはずです。
もしその変化が見られない場合は……、私の伝え方が悪いのか人望の無さなのか、又は残念ながら現時点ではその程度の感性のレベルなのか。
その子達も何とか育成していかなければいけません。
家庭環境や躾から派生する部分も大きいので中々難しいですが。
ただしね、誰が誰の為に野球をやっているかと言えば、選手本人が自分自身の為に野球をやっている事に間違いは無いはず。
この機に大切な本質を再認識し、悔しさや責任感や向上心を強く持つようにならないと2ヶ月後の日本選手権予選に間に合わないし、もしかしたら高校野球にも間に合わない。
否、勝負事には向いてないかもしれないです。
おそらく家庭でもグランドと同じ振る舞いをしていると予想出来ます…。

決勝戦は千葉の佐倉シニアさんと静岡裾野シニアさんで、佐倉さんの優勝でした。
静岡裾野さんとは2月の静岡遠征にて対戦しましたし、佐倉さんは2年前の同じく全国大会の3回戦で対戦し完敗、そのまま優勝され今回また優勝、強いです。
私が感じた関東や東海の強豪との差、技量的には一つか二つ、しかしそれよりも何よりも野球観と感性の違い、この差はまだまだ小さくないと感じた。
その事を理解し、経験を積み上げ、常に全国大会を戦いきる想定の下、指導育成をしておられるのは関西ではズバリ、神戸中央シニアの山田監督さんだと思う。
しかしただ指をくわえて見ておく訳にはいかないです。
時間はかかると思いますが頑張ります。
何とかしたいと思います。