305】一所専念

死は生有るものの宿命、ならばそれまでをどう生きるか。
勝ち負けは勝負の世界に身を置く者の宿命、ならばそれまでを如何に準備した上で戦うかという事になる。
80有余年も賭けて全うする人生とは比較にならないほどちっぽけなスポーツ勝負の世界ではあるけれど、野球が大好きな子供達と大の大人が本気になって取り組む中学生硬式野球は実に熱く愉快で素晴らしい。
魅力的だと思います。
小さな白球が取り成す縁は様々な人と人との心を紡いでいきます。
高校野球界の素晴らしい指導者の方々と知り合う事も出来ましたし、中学生野球の指導者仲間も増えました。
有り難い事です。
それぞれに独特の野球観が有って話せば話すほど味わい深く、また私も勉強になる…。
私も指導者の深みにはまっているのかもしれません。 (笑)
山本さんや山田さん、土居さんや後藤さんや岩橋さん等は言うまでもないが、西村さんにしても西尾さんにしても森元さんにしても魅力ありますわ。
ボーイズの天野さんや服部さんも軟式の橋口さんも良い感じです。
まだまだ言い切れないほど沢山居る。
若手なら藤田さんと上野さんやね、とにかく一生懸命。
やはりどのチームの指導者にも良い意味でのクセと特長はあるし、私、この立場に成れて良かったと感謝してます。
最近、神戸西の新井さんと何度か会話を交わしました。
経験豊富で熱く奥が深くて、それでいて純真で…。
しっかりしたチーム作りをされるのが良くわかります。
本日、4チームが神宮切符を手にしました。
来週にはあと2チームも決まります。
ここに残れなかった悔しさを忘れず新チームの構築に着手して参りたいと思います。
新チームもまた激戦、おそらくその下の学年もそうでしょう。
私にも有能なスタッフがついてくれてます。
やってみます。