311】45期生卒団

9月1日  豊中シニア第45期生の卒団式を執り行いました。
当日はお忙しい中、豊中市長の長内様、豊中市議会議長の弘瀬様にもご臨席を賜り、心暖まるメッセージも頂戴しました。
誠に有難うございました。
また、小鳩スプリンターズさんの津守代表、うちのOBで現在、読売ジャイアンツのスカウトをしておられる渡辺さんからの御祝電も有り難い限りでとても感謝しております。
そして土井コーチからの祝電、今は仕事の都合で九州在住ですがこの学年を手塩にかけて育成して下さった。
その土井コーチからのメッセージはこれまた一味違い、心に染みました。

わずか12人というここ10年間でも一番の少人数の学年でしたが
少ない故の利点もあり、成長著しかったです。
新チーム当初、どうにもこうにも全く試合に勝てる目処が立たず、ブロック予選で1勝でも出来たら一杯飲みに行こうとコーチと話してました…。
実際に初の1勝をした瞬間は涙が出て来たなぁ…。
そこから紆余曲折を味わい個々の成長とチームの成長の両方を実現し、勢いも手伝ってブロック予選通過から関西大会をも上位に勝ち進み、春の全国大会へ参加することが出来た。
その春季全国選抜大会は1回戦で埼玉県の浦和シニアと対戦しタイブレークの末惜敗、その浦和シニアさんは当大会ベスト16、夏の日本選手権では優勝され、見事日本一になりました。
私もまた新たな中学生野球というものを発見し学べたし、自信になった事もありました。
私はこの学年12人全員にかなり厳しかったと思います。
一方でそれは親御さんに対するメッセージでもあった。
皆さん全員に御理解頂けたかは分かりませんが、子供達の顔つきや行動から色んな事が読めます。
おそらくや各御家庭でポジティブな会話をして下さったのだろうと思います。
感謝申し上げます。
全員が確りと成長してくれた中でも特に厳しく叱り続けた広崎主将、牧野副主将、そして捕手中村の忍耐力と成長はチームを救ってくれたと思います。
有難う。
12人のみんな、良くやってくれた。
本当に有難う。
良い学年でした。
婦人部長、学年総務、心より感謝申し上げます。
有難うございました。