182】タイガースカップ ベスト4

タイガースカップの準決勝戦は堺泉北シニアさんと対戦。
堺泉北シニアさんは大津瀬田ボーイズさんを、豊中シニアは忠岡ボーイズさんを、お互いにボーイズの強豪を敗っての準決勝進出で、整備の行き届いた流石の美しい鳴尾浜球場を舞台にシニア同士の戦いをしました。
しかし試合前のシートノック時に何か違和感を感じていました。
前週の甲子園球場での試合より固く、動きが悪い…。
モジモジした小さな声しか出せない…。
それを指摘する選手もグイグイ引っ張っていく選手もいない…。
初戦でもないのになぜこんなに大人しく静かにやっているんだろう…?
自分たちで 「自分たちの野球」 をする準備が出来ていない…。
私が最も危惧している部分です。
先週の方がリラックスしていた、今日は苦戦する…。
こういう悪い予感は的中するもので、一方相手のエース園田君は体調不良をおして点滴までうって挑む心意気で、私の大好きな言葉「男気」のマウンド。
しかも前日より動きが良く、ダイナミックなフォームが戻ってきている。
そりゃ他の選手も燃えるはず!
監督さんも最小限の指示で、あとは意識的にゆったり構えようとしていることが見てとれた。
試合に入り豊中は記録上はエラーではないが、明らかに動きの悪さからくる守備のミスが6つ。
いつもは指示を守って一意専心で挑んでくれる選手達も、この日は全く本来の動きがとれない…。
実力のあるチームに対してこれでは厳しく、ましてや勝とうという意欲が強く出ているチームと慢心の我がチームでは違いは明らか。
原因は「準備と心の弱さに有り」 。
つまり配慮出来なかった私に、強く育てきれていない私に責任が有る。
終わってみれば完敗でした。
有頂天とは、どんな頂きにも天井が有るっていう戒めの単語。
その有頂天に成りかけた我がチームは、周りにいくつも強いチームが有るって事を再認識してリスタートを切らなければならない。
負けた事は残念だけれど、それを気付けた事がとても大切で有意義。
いや気付かせていただいた事が重要。
鍛えます!

それにしても上野監督さん率いる堺泉北シニアさん、バランスのとれた良いチームです。
監督さんの優れた手腕による所が大きいと察します。
そして名将、井戸監督さん率いる南部シニアさん、大阪交野ボーイズ戦のサヨナラ勝ちは圧巻でした。
関西シニアは上位10チームほどが激戦の学年だと思います。
この構図はひと冬を越えて変化するかもしれません。
目的意識をしっかり持って、瞬発力のあるチーム作りをしたいと思います。

タイガースカップのご声援誠に有難うございました。