152】日本選手権予選

残念ながら3回戦で敗退しました。
負けたのだから勝った相手の方が強かったということです。
負けたので多くは語れませんが、しかし、まぁ噂には聞いていたが何ともヤジの激しいチームでした。
うちの選手達はよくやったと思います。
納戸キャプテンを中心にようやくまとまりが出て来た。
少し遅いと言えば遅いが、この時期に間に合い、よくここまでチーム力が上がって来たものだと思う。
皆が同じ方向を向いた、同じ目標を立てた、そしてそれぞれの役割を果たそうと全力を尽くした。
チーム一丸を我々指導者もずっと感じていたよ。
スタンドからの応援の選手達も本当にありがとう。
試合前にグランド内の25人の登録選手と55人のスタンド応援選手、ファールネットを挟んで80人の円陣を組んでいるんだ。
おいおい、こんな事聞いてないぞ。
コーチ三代、土井の目も潤んでる、アカン、私も鳥肌立ってきた。
こいつらいつの間に…、もう少しこいつらと野球をしたい…。
うちの選手達には人一倍の 「心」 があります。
それが今後一番の武器になる。
4回 2アウトからの百々、納戸、優大の3連打は見事だったよ。
またランナーを回したサードコーチャー福田も見事だった。
完太もよく投げてくれた。
みんな汚いヤジにもよく耐えてくれた。
お前達は立派だったよ。
私はお前達を誇りに思う。
負けはした、当然悔しさはある、けれど爽やかな何かしら感動を残してくれた気がする。
色んな方々から沢山の応援をいただきました。
OB御父母の皆様の応援も勇気になりました。
期待に応えられず申し訳ありません。
またこの大会は、宇陀シニアさん、和歌山シニアさんの存在が私どもの成長の糧となりました。
その為にも勝ちたかった。
小畑監督、ごめん。
1週間だけ休みを入れて、また頑張ります。