347】小さな出会いを意味の有る出会いに

現在ルーキー12名。
私の監督就任からの12年間で毎年平均20名のルーキー数ですから今年は少し寂しい気がします。
多ければ良いというもんじゃないが、両翼92メートル、センター108メートル、内野黒土、外野天然芝のホームグラウンドを持っている我がチームの各学年ごとの適正人数としては、育成の充実、チーム内競争、戦力向上等々色んな事を鑑みて各学年20名前後と思っていますので、あと数名、熱く、気の良い、野球大好き小僧君が入って来てくれたらと期待しております。 
チーム戦績も高校への進学実績もホームページにて掲載しております。
豊中シニアの選手は高校野球での活躍度合や人間的成長度合も高い方だと思います。
また、チームの月々の会費等支払額も少ない方ですし、その他の臨時徴求もほとんどありません。
皆さんは、まさか中学生野球に年間トータルで40万も80万も支払ってるなんて無いですよね?。
私の感覚では有り得ない事です。
あとから分かる事も多く、とても残念な事ですが、グランド等の「練習環境」、チーム育成力から成る「戦績」、高校進学等の「実績」、年間の実質「費用」、親御さんの皆様の正味の当番やお手伝い等の「御負担」、(この御負担がゼロという話を耳にしますが、私は健全で責任有る育成に於いては、それはほぼほぼ不可能と思っており甚だ疑問であります。)私どもはお手伝いや当番は残念ながら有りますが、それでも必要最小限にとどめ、かなりの軽減に努力しております。
それから送迎等の「参加手段」、そして指導者の能力や人柄等の「人間性」。
これらいくつもの項目で豊中シニアが劣っているならば仕方無いと思いますが、私は、どれをとっても他チームと充分勝負出来るし、上回ってる項目もいくつも有ると自負してます。
どうぞ御自身の目でお確かめ下さり、御納得頂けましたならば、是非私達と共に高みを目指して頂ければと思います。
小さな出会いを大切に、行く末には大きく羽ばたけるよう夢を共に追いかけてみませんか? 

Hits: 364