289】何はともあれ

北大阪ブロック予選は、枚方シニアさんに4対0で勝利し、何とか最終枠である第5代表に入る事が出来ました。
何はともあれ4月6日から開催の関西大会本戦と7月からのジャイアンツカップ予選への出場権は獲得しました。
がしかし第1代表になるだけの力はないという事。
総括して言うならば単に力量の問題だけではなく、野球観の問題が大きいのではないか?
例えば誰かが交代もやむ無しの大きなミスをする…こちらが言わずともすぐに気持ちと体の準備をする選手が居る。
片やこちらが準備を指示しても差し迫っている交代時にまだゆっくりと準備?をし、準備完了の報告も無く空気の読めない選手。
先発のメンバーは9人だがあとの16人も同じく同時に試合に参加しなければならない訳で、単なる観戦者としてベンチ内に居るからこのような事態になる。
いわゆる、試合に参加していないのだ。
全員に作戦を指示する。
結果としてそれを出来る選手と出来ない選手が居る。
我々もその想定と予想は出来るからそんなに気が重くはならないが、結果はともかくも、それをやろうとしない感性や鈍感さにはストレスを感じます。
そして私が沸騰点に達するのはそれを出来なかった選手が反省もせず直後の練習から取り組み方を変える事もなく相変わらずのメリハリのない練習をしている時!!
やろうとしていないノーチャレンジのその姿を見た時が私は一番淋しい…。
練習でのこだわりと意気込み、期待してます。